尿酸値を下げるのに効果的なのはコレ!※尿酸値が高い方は必見!

尿酸値を下げるのに効果的な方法を紹介したいと思います。

 

尿酸値が高い方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

尿酸値を下げるには食事の見直しから

まず食生活を見直すことです。

 

尿酸値が高い人はプリン体を多く含む食べ物を好む傾向があります。

 

プリン体が多いのはあん肝やレバー、エビなどがあります。

 

これらは一度にたくさん食べなければプリン体もそれほど摂取しないので、食べ過ぎに注意することで1日のプリン体摂取量を減らすことができます。

 

また尿が酸性に傾いていると尿酸が溶けにくいので、アルカリ性に変える食べ物を多く食べると良いです。

 

海藻類やきのこ類、芋類を意識して食べます。

 

尿酸値を下げるには運動も必要

次に運動することです。

 

定期的に運動を行い肥満を解消すると、尿酸値が正常になるという研究があります。

 

現代人は運動不足になりやすいので、健康のためであっても無理に運動をすると体に負担がかかります。

 

運動する習慣がない人は、エネルギーを消費する時にATPという物質を分解して尿酸を生成してしまいます。

 

よってウォーキングやサイクリングといった酸素を取り入れながら行う運動を選ぶようにします。

 

一つ前の駅で降りたりエレベーターではなく階段を使ったりするだけでも有酸素運動になるので、運動する時間がない人も工夫することが大事です。

 

運動をすると汗をかきますが、体内の水分量が減ると尿の量が減るので尿酸もなかなか排出できなくなります。

 

喉が渇いた時は体は既に水分が足りなくなっているので、運動の前後には必ず水分補給を行います。

 

1日2L以上水分を摂取するのが目安で、水やお茶を飲みます。
清涼飲料水は飲みやすい味付けですが、砂糖がたくさん入っておりカロリーも高いため、痛風になりやすいです。

 

尿酸値が高い原因はストレスの場合も

3つ目はストレスを溜めないことです。

 

ストレスと痛風や尿路結石の詳しいメカニズムはまだ解明されていませんが、ストレスを感じるとアドレナリンが分泌されます。

 

このホルモンには血管を収縮させる作用があり、血液量が減ります。
すると尿の量が減るので尿酸値が高くなると考えられています。

 

またストレスが溜まるとそれを解消するために暴飲暴食をする場合があり、カロリーオーバーやプリン体の過剰摂取につながります。

 

ストレス解消にはそれぞれの好きなことをするのが良いですが、イギリスの研究で効果的と結論付けられているのが読書です。

 

ストレスをかけた後に音楽鑑賞やテレビゲームなど様々なグループに分けたところ、読書のグループが一番心拍数が下がりリラックスしました。

 

読書に夢中になると現実の世界を忘れて不安や恐怖を感じにくくなるとされます。